日本伝統食品研究会

日本伝統食研究会イメージ

日本伝統食品研究会設立の趣旨

 食生活が豊かになり、高度化したといわれるようになって、かなりの年月を経ています。食品産業に関わる従事者、一次産業の農・漁業者数をはるかに上回り、日常の食卓を既成食品が支配する力がより強まっているのが現状であります。
 家庭での食事、あるいは外食において、新しい加工食品がその利便さゆえに広く流通し、生産も加速されるのは時の流れでありましょうが、一方では、古来の、日本の伝統食品が、優れた品質、それを支える技術にも拘わらず、次々に失われてゆくという実態も、また見逃しえないところであります。
 伝統食品は、特定の誰かが作り出したものというよりも、多数の人々で時間をかけ、言わば磨きをかけて後代に遺されてきたものであります。それだけに、地域による特色もあり、作り方の中にも理に適った技術が潜んでいるのであります。
 農産、水産を問わず、伝統の名を冠した食品が数多く市販されているのは確かですが、外観体裁は似ていても、本来の姿からは程遠いものが少なくありません。量産化、機械化のなかで、真の技法が省略されていることもあり、かえって評価を落とすような危惧すら感じられます。
 私たちは、伝統食品の品質・技術を再現させ、日本人の健全な食生活に寄与してきた過程の中で先人が到達した技をできるだけ解明し、記録し、報告して、ひいては弁代の食品加工技術にも寄与したいと考えた次第であります。本来あるべき食品の製造技術を体得され、実践されてこられた、いわゆる職人の方々は、いまや70歳、80歳の高齢に進まれ、技術についての談話等を伺うことも、年を追って困難となっています。正確な伝承についても、もし努力を怠るならば、記著明技法の復活、製品の再現が極めて難しくなることを思い、ここに、同憂同好の方々のご参加を願い、伝統食品技術の調査、研究のための会を組織することにいたしました。
 この趣旨をおくみとり頂き、本会にご賛同、ご参加をお願い申し上げます。

昭和59年2月1日
日本伝統食品研究会

ご挨拶

日本伝統食品研究会会長
鷲尾圭司

 日本伝統食品研究会は昭和59年の設立以来、30年にわたりわが国の伝統食品を調査し、研究し、交流し、賞味するメンバーによって運営されて参りました。このたび前会長の藤井建夫先生の後を引き継ぎ、会長に就任することとなりました鷲尾圭司と申します。よろしくお願いいたします。
昨年(平成25年)、ユネスコの無形文化遺産として「和食;日本人の伝統的な食文化」が登録されることとなりました。
「和食」は、多様で新鮮な食材とその持ち味の尊重、栄養バランスに優れた健康的な食生活、自然の美しさや季節の移ろいの表現、正月などの年中行事との密接な関わり、といった特徴が評価され、残して伝えていくべき文化と国際的に認められたわけです。
私たちの研究テーマであります伝統食品も、まさに「和食」の特徴を凝縮したものであり、誇らしさを感じます。と同時に、遺産となって懐かしむだけでは困りますので、発掘し、分析し、保存伝承し、知恵を抽出して現代に活かす努力が求められるところだと思います。
グローバル化の進む今日ではありますが、国際標準によって画一化が図られる物事も多いかと思いますが、ローカルな地域の風土特性に合わせた生活の知恵は、省エネルギーで持続的に健康を保ち、地域社会に個性的な豊かさをもたらしてくれます。
今だからこそ再評価されてよいヒト、モノ、コトについて伝統食品を通じて、ご一緒に学びたいと思います。


藤井建夫前会長 藤井建夫 前会長のあいさつはこちらPDF

役員(H29~30)

inserted by FC2 system